whenever one feels like it
エンタメ

【なぜ】小柴陸がLost Case Productions動画にいたのか?

lost-1

Yahooの記事に「小柴陸が映画監督集団(Lost Case Productions)に登場」の記事をみけました。

Lost Case Productionsとはどんな会社なのか?

なぜ小柴陸さんが出ていたのか?をまとめてみました。

Lost Case Productionsの動画

動画はこちらです。

小柴さんはLost Case Productionsのメンバーとして活動を再開されたようです。

Lost Case Productionsはどんな会社なのか?

さて、Lost Case Producionsの会社概要をまとめてみました。

会社概要

  • 拠点:京都
  • 事業内容:映像を請け負い、制作する団体
    (扱うのはプロモーションビデ・ミュージックビデオ・ライブ撮影などのよう)

団体と言われていました。

そもそも団体とは何でしょうか?

二人以上の者が共同の目的を達成するために結合した集団。

たとえば企業や組合などがこれに該当する。

一般的に団体というと、社団の意味として用いられることが多く、特に個人の集合体を指すことが多い。

引用:ウィキペディア(抜粋)

「いつ、団体を設立した」かまではわかりませんでした。

X(旧:Twitter)のフォロワーは30人ほど、Instagramのフォロワーは1670人(20204年2月1日22:30時点)

上の動画は2月1日(2024年)の20時ごろにYou Tubeにてアップされたようです。

Lost Case Productionsのメンバーと活動

団体メンバー

メンバーとしては「小澤信太郎 野村優希 大日冬至 松本大河 小柴陸」の6名のようです。

大日さん

大日冬至(ダイニチショウジ):映画監督

  • アメリカに住んで経験あり、英語が話せる
  • 過去に映画を2本取った経験者
  • 海外の脚本を読んで勉強中
野村さん

野村優希(ノムラユウキ):映画監督

  • SF映画好き
  • ルービックキューブは日本で5位
  • 昨年(2023年)「Laplace」を撮影
    今年(2024年2月)には「京都学生EXPO」で上映

小澤さん
小澤信太郎(オザワシンタロウ):映画監督

  • 昨年(2023年)「夢路を漕いで」の監督・脚本・作曲を制作、映画館で上映
  • 来年(2025年)には新作を上映予定
松本さん

松本大河(マツモトタイガ):映画監督

  • 死ぬほど映画と音楽を愛している
  • 映画・ミュージックビデオ・ライブ映像の撮影、脚本、監督を経験
  • 昨年(2023年)10月には長編映画:朱雀の脚本・監督
小柴さん

小柴陸(コシバリク):映画監督/俳優

  • 芝居好きで小学校1年から芸能界にいた
  • 主演ドラマや舞台を経験、
  • 俳優目線での監督ができることが強み

活動について

  1. You Tubeチャンネル「Lost Case Productions」にて短編映画が公開していく
  2. You TubeやX(旧:Twitter)・Instagramからの仕事の依頼を待っている

上記のようです。

小柴陸さんLost Case Productionsにいた理由

動画をみた感じではLost Case Productionsは大学のサークル活動などのメンバーから団体として活動をされている感じがします。

動画内に学生EXPOの話が出ましたし、小澤信太郎さんが作成された映画の広告では「映画監督を目指す19歳」とアピールされていました。

小柴陸さんは今年で22歳(2002年生まれ)なので、ここで再出発の決意をしたのかもしれませんね。

スマイルアップ社を退所された理由は謎のままですが

新たな道としてここに選ばれたんだと思います。

ファンの方にとっては、「どこかで退所された理由は言ってもらいのではないか」と思います。

今後「Lost Case Productions」の活躍を祈ります。

小柴さんの新たな門出をお祝いしたいですね。

今回は小柴陸さんがLost Case Productionsの動画にいた理由をまとめてみました。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

関連記事

小柴陸が退所する理由とは?根拠となる噂のエピソードとは?