【GOT7】ジャクソン・ワンの経歴まとめ!Number_iの立役者だった!

アイキャッチ画像46

2024年4月に行われた「世界最大級の音楽フェスティバル「Coachella Valley Music and Arts Festival 2024」」(コーチェラ)に「TO BE」所属の「Number_i(ナンバーアイ)」が登場し、驚いたのは記憶に新しいですね。

Number_iがすぐに世界的に有名なったのは、「ジャクソン・ワン」さんという人物が関わっていたからのようです。

実はジャクソン・ワンという方は世界的スーパースターでした。

【何者】ジャクソン・ワンの経歴まとめ!Number_i(ナンバーアイ)の立役者だった!について調べてみました。

スポンサーリンク
 
目次

ジャクソン・ワンのwikiプロフィール

ジャクソンさん1

氏名:ジャクソン・ワン

本名:ワン・ガイ

漢字表記:王嘉爾

生年月日:1994年3月28日

年齢:30歳(2024年4月現在)

出身:香港

所属グループ:韓国のボーイズグループGOT7

GOT7」というのは韓国で結成されたボーイズグループです。

韓国人:4人・アメリカ人:1人・香港人:1人・タイ人:1人で結成され、2022年5月23日に発表されたミニアルバムが
世界100の国と地域のiTunesのアルバムチャートで1位を獲得しています。

すでに世界的に有名な方だったんですね。

最近は韓国アイドルが世界で人気で、数多くいるので追いきれないので知りませんでした。

スポンサーリンク

ジャクソン・ワンの経歴と家族構成

ジャクソンさん2

ジャクソン・ワンの経歴

ジャクソンさんの経歴はこちらです。

2011年:「JYP」のオーディションに合格 (JYPはTWICEやNiziUらが所属する韓国の大手音楽事務所)

2014年:7人組ボーイズグループGOT7のメンバーとしてデビュー

2015年:SBSの人気歌謡人気歌謡曲の番組のMCなどで活躍

2017年:中国国内の活動のため、個人事務所「Team Wang」設立

2018年:香港観光の特使に任命

なんだかすごいですね。

また2017年にはGOT7としては「日本での活動は今後参加しない」ことが公式のファンクラブで発表されています。

ファンの方はさぞ辛かったでしょうね。

ジャクソン・ワンの家族構成

フェイシング

ジャクソンさんの家族構成はこちらようです。

  • 父親
  • 母親
  • ジャクソン・ワン(ご本人)

もしかしたら他にご兄弟がいるかも知れませんが、私の調べた範囲ではわかりませんでした。

またご両親はすごい方のようです。

父親:王瑞は中国代表フェンシングチームのアジア大会金メダリスト

母親:フィア・チョウは中国代表フェンシングチームのアジア大会金メダリスト

なんだかサラブレッドな気がします。

そんな環境で過ごされていたのであれば、すでに世界で有名なことは納得ですね。

ジャクソンさんは語学が得意なようで、「中国語、朝鮮語、英語」は話せるようです。

また幼い頃はフランスに住んでいたこともあり、その頃はフランス後も話せたとのこと。

凄すぎですね。

また父親の影響でフェンシングをされていたようで、「アジアジュニア金メダリスト」に受賞されています。

遠い人過ぎて、わけがわかりません。

本当にすごい方なんですね。

スポンサーリンク

ジャクソン・ワンはNumber_i(ナンバーアイ)の立役者

ジャクソンさん3

Number_iがコーチェラに出演できたのはジャクソン・ワンさんとのコラボのだったようです。

「ステージ直後、『GOAT』がアメリカのiTunes総合チャートで10位にランクインしたのもジャクソンの影響力によるものでしょう。4人が肩を組んだり手をつないだりする姿が次々と報じられたことでNumber_iの存在を世界に知らしめることができたようです。平野とジャクソンがLINEで“ともだち”になったことも話題になっていますし、帰国後のインスタライブで3人は『めちゃくちゃいい人』『優しい』とジャクソンにベタ惚れです」

Yahooニュース

ジャクソンさんは作成のコーチェラに出演しており、会場を熱狂させていました。

そんなジャクソンさんと共演できた「Number_i」はすごいですね。

どういった経緯で共演に至ったのかはわかりませんでしたが、こちらは分かり次第追記していきたいと思います。

今回は「【何者】ジャクソン・ワンの経歴まとめ!Number_iの立役者だった!」について調べてみました。

ジャクソンさんはすでに世界的に有名な方だったんですね。

今後どのような活躍をされるのでしょうか?

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

koと申します。

私立の大学後、卸会社に入社し、色々と転職をしていました。
現在は大阪の会社に務めている社会人です。

日常にあるニュースについて、思うことをつらつらと書いています。
皆さんの何かのお役に立てれればと思います
障害がありまが、できる限り精一杯頑張っています。

目次