【動画】堂珍嘉邦は変わらないと声多数!髪あやしい?年相応と批判も!

アイキャッチ32

2024年4月19日に広島のマツダスタジアムでケミストリーが国家斉唱されていました。

川端さんも変わらないですが、堂珍さんが若い頃と変わらない(老けない)ことが話題になっていたので調べてみました。

今回は「【動画】堂珍嘉邦は変わらないと声多数!髪あやしい?年相応と批判も!」について調べてみました。

スポンサーリンク
 
目次

堂珍嘉邦のwikiプロフィール

堂珍さん1

氏名:堂珍 嘉邦

読み方:どうちん よしくに

生年月日:1978年11月17日

年齢:45歳(2024年4月現在)

出身:広島県安芸高田市(旧高田郡八千代町)

堂珍さんは広島の出身だったんですね。

皆さん知っているとは思いますが、テレビ東京のオーディション番組『ASAYAN』で

川畑要さんと男性ヴォーカルデュオとして「CHEMISTRY」としてデビューされていました。

そんなお二人ですが2012年4月7日コンサートを最後に一度活動を休止して、それぞれソロ活動していました。

2017年2月28日にまた「CHEMISTRY」としての活動を再開されています。

ASAYANは懐かしいですね。

たしかモー娘。やあやや(松浦亜弥)さんなど色んな方がこの番組から出ていったと思います。

スポンサーリンク

【動画】堂珍嘉邦と川畑要の歌声

実際にCHEMISTRYが国家斉唱された動画がこちらです。

出だしは堂珍さん が歌っています。川畑さんもいい声ですね。

お二人共声など変わらない感じで、ハーモーニーがいいと思います。

なんだか懐かしくなりました!

スポンサーリンク

堂珍嘉邦は変わらない(老けない)と声多数

堂珍さん2

見た目についてはYahooでは、「変わらない」と声が多くあがっていました・

カッコいい!!あの頃とほとんど変わってない。さらに大人の色気がプラスされて素敵です。堂珍さんの話題だけど、おとなりの川畑さんもじゅうぶん若いよー!

見られる仕事をしてる人たちは基本的に若いと思う。若作りってことじゃなく本当に若い。裏ではそれなりに努力もしてるだろうし、お手入れもしてるんでしょう。

2人ともほんと若いな。 体型は運動でなんとかなっても、肌は隠せないからエステ行ったり普段からしっかりケアしてるんだろうな。

たしかに人はなにもしなければ、すぐに老いていきますね。

そのためにはやりすぎない筋トレなどの運動や肌などのケアは必要だと思います。

見られることが仕事の堂珍さんと川畑さんなので、見えない努力はされているんでしょう。

スポンサーリンク

堂珍嘉邦の髪あやしい?年相応と批判の声

堂珍さん3

堂珍さんも45歳です。

ただ見られる仕事のために見た目には気遣っていても、やはり年は出てしまうもんだと思います。

体型は勿論だが、ほうれい線で印象年齢変わるだよなぁ…

ズラっぽい

45で分厚い前髪は不気味

トップの髪型は似合わない リンク先のはカッコイイね

引用:Yahooコメント

なんだか皆さんの注目は髪に集中しています。

堂珍さんがズラなのかはどうかは調べたところ、情報はありませんでした。

人に見られる仕事なので、見た目には気を使っているのは事実だと思います。

本当はどうかはわかりませんでした。

ただほうれい線と首のところはどうしてもシワなどがあるのは仕方ありませんね。

シワ

またこんな意見もありました。

だって子育てしてないから 好きなことだけやってる人は若いよね
その後も奥さん任せでびっくりした

引用:Yahooコメント

堂珍さんは2004年6月にモデルの森田あつ子さんと結婚していました。

2018年末にお二人は離婚されています。

またお二人の間に5人の子供います。(第3子と第4子は男女の双子)

そのお子さんは堂珍さんの元妻の森田さんが育てられているようです。

たしかにご自身だけのことだけの独身生活なら、ストレスは多少マシかもしれませんね。

今回は「【動画】堂珍嘉邦は変わらないと声多数!髪あやしい?年相応と批判も!」について調べてみました。

堂珍さんも変わりがないですが、川端さんも変わっていない印象でした。

今も活躍されているので、頑張ってほしいですね。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

koと申します。

私立の大学後、卸会社に入社し、色々と転職をしていました。
現在は大阪の会社に務めている社会人です。

日常にあるニュースについて、思うことをつらつらと書いています。
皆さんの何かのお役に立てれればと思います
障害がありまが、できる限り精一杯頑張っています。

目次