whenever one feels like it
エンタメ

【被害】伊藤健太郎主演ドラマがお蔵入り?スタッフAの使い込みのせい!

アイキャッチ-9

2024年の春に配信予定だったドラマ「ライジング・サン」で主演を務められた伊藤健太郎さん。

以前は事故を起こし、芸能界の復帰を危ぶまれていましたね。

今回のドラマに関しては、お蔵入りの可能性もあるそうです。

今回は俳優:伊藤健太郎のライジングでのトラブルはギャラが未払い!についてまとめてみました。

伊藤健太郎の復帰作は「冬薔薇(ふゆそうび)」

 伊藤さん-1

2020年10月に衝突事故を起こした伊藤健太郎さん。

その後は「不起訴処分」となっていました。

当時は「ひき逃げ」のレッテルも貼られていましたね。

ひき逃げの疑いが晴れたとはいえ、すぐには芸能活動はできませんね。

世間的にはイメージが悪いでしょうし、伊藤さんは表舞台からは遠のいていました。

そんな伊藤さんは2022年6月3日に映画作品「冬薔薇(ふゆそうび)」で復帰をされていました。

伊藤健太郎主演のドラマは「RISINGSUN」

伊藤さん-3

復帰をしていた伊藤さんですが、今春(2024年春)に配信予定のドラマ「RISINGSUN」に出演予定でした。

伊藤さん自身、このドラマは楽しんで取り組んでいたようです。

以前よりも芝居が楽しいんです。ありがたいことに10代の頃から色々なお仕事をいただいて、忙しくしていた時期があったのですが、自分と向き合う時間がなくて……どこか『脚本を体現できていないな』という思いがあった。

引用:Yahooニュース

復帰作を通してからか、伊藤さん自身はご自身と向き合うことができて

以前とは気持ちの余裕ができている感じでした。

売れている時は、仕事だけでイライラしますよね。

また少し天狗になることもあるかと思います。

かといって、事故を起こして逃げるということをするのは駄目です。

色んなことを経験して、このドラマ「ライジングサン(RISINGSUN)」の撮影に臨まれていたようです。

伊藤健太郎主演ドラマはお蔵入りか?原因はA氏

伊藤さん-4

伊藤さん主演のドラマ:ライジングサンはお蔵入りは決定してません

なぜ、このようなことが言われているのでしょうか?

原因はスタッフ(プロデューサー)のA氏のようです。

A氏は制作費を使い込み

 

プロデューサーのA氏は制作費を使い込みしていたようです。

ドラマ:ライジングサンの制作費は「1900万円」、現場で支払われたのはは「900万円」。

1000万円近くはA氏が使い込んでいた疑惑があがっているようです。

こんなことをA氏は言っていました。

怒りに震える制作スタッフらは、3月19日にA氏を呼び出して問い詰めたという。  激高するスタッフらの質問にしどろもどろになりながら応対するA氏。スタッフから制作費の行方を問われると、「正直、別の映画製作に使っちゃいました」

引用:Yahooニュース

ありえないことですね。

また伊藤さんを始め、他の共演者さんたちのギャラも未払いとウワサが流れていました。

現在は伊藤さんをはじめ、他の共演者さんたちにもギャラは支払われているようです。

伊藤さんにとってはただトラブルに巻き込まれた感じで、かわいいそうですね。

自身が起こしたこととはいえ反省をして、新たに復帰したを果たした矢先に

主演ドラマがお蔵入りの危機になるとは思いません。

なんとかして、伊藤さん主演のドラマは配信してほしいと思います!

色々自身を見直した伊藤さんだからこその演技があるかと思います。

今回は「【被害】伊藤健太郎主演ドラマがお蔵入り?スタッフAの使い込みのせい」についてまとめてみました。

色々つらい経験した伊藤健太郎さん。

今回の主演のドラマには思い入れは強かったと思います。

このドラマ以外にも活躍を期待しています!

最後までお読みくださり、ありがとうございます。