whenever one feels like it
エンタメ

山本直寛wiki(経歴)と出演作品のまとめ!俳優の道に入ったきっかけとは?

山本さん-1

本日のトリンドル玲奈さんと山本直寛さんがご結婚が発表されました。

ここでは山本直寛さんについてはあまり知られていないようです。

そのためどんな経歴を持っているのかをまとめてみました。

wikiプロフィールや出演作品についてもご紹介していきます。

山本直寛の経歴

山本さん-2

1994年8月29日で東京の出身のようです。

また中学・高校は明かされていません。

調べたところ勉強は嫌いではなく、楽しくされていたようです。

大学は「早稲田大学」との情報があるようです。

高校の親友や大学の親友から俳優の世界に興味を持たれたようです。

また過去にファッション雑誌『ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』の専属モデル』の専属モデルをしてた感じです。

2016年に俳優に転身し、フリーでは活躍をされているようが

調べて見ると、事務所は「トップコート」に所属にされているようです。

トップコートに所属されているのは

・佐々木希さん

・中村倫也さん

など、すごい事務所のようです。

山本直寛の俳優の道に入るきっかけとは?

先ほど高校・大学時代の親友から影響を受けたようです。

山本さん-3

こんな記事を見つけました。

ある日親友に心を動かされました。制服はありましたが、服装は自由で何を着ても良い高校ではあったのですが、突然親友が「ループタイ」をしてきたんです。それを見て「かっこいい!」と思って。さらに彼は、映画も好きだったんです。好きな映画が、黒澤明監督の映画で、他にもディープな映画にもくわしかった。僕は広く知られている作品しか観てないのに。これはもう憧れますよね(笑)。このときから古着や映画や音楽など、自分の知らなかった文化にどんどんハマっていきました。

早稲田大学に進学して、もう一人の親友からも刺激を受けました。その親友は学校に着物に丸眼鏡でくる人で。変なヤツだな、と思いつつも憧れていたんです。でも彼があまり学校に来なくなってしまって。聞くと俳優学校に通っていると。またもや「かっこいい!」となりますよね(笑)。同じころにモデルの仕事をしていたり、表現をすることが好きだったこともあって、そこから俳優という職業に興味を持ち始めました。
そして短期のワークショップに参加してみたら、また新しい感覚に出会いました。そのとき初めて演じたのが酔っ払いの役なのですが、洋服を良く見せるというモデルの表現とは大きく異なるので、恥ずかしい気持ちでいっぱいで。でも、自分とは異なる人間を表現することの面白さや今までに出会ったことのない新しい感情に出会いましたし、周りの反応も面白かったんです。

そして、大学4年生のときに舞台を作り上げる長期のワークショップに通いました。ここで初めてお客さんの前でお芝居を披露したんです。このときに舞台の熱気を感じて完全に芝居に魅了されました。客席の電気が落ちて真っ暗になった瞬間の、これから何が起こるんだろうというワクワク感に満たされた劇場の空気、そして、舞台が始まるとお客さんが一挙一動を見て反応してくれる。これが役者にのめりこむきっかけとなり、芝居の世界にいこうと覚悟を決めました。

引用:学生新聞

学生時代に俳優業に興味を持ち、その道を進めるのはすごいと思います。

【まとめ】山本直寛さんの出演作品

【映画】

・ミッシング【2024年5月17日公開予定】

・リカ 自称28歳の純愛モンスター【2021年公開】

・いつも月夜に米の飯

【舞台】

舞台ポスター

・インヘリタンスー継承ー【出演中】

・ハムレット

・ハイバイ 再生

【ドラマ】

・女子高生の無駄遣い

・行列の女神~ラーメン才遊記~

・お茶をにごす。

などなど、色々と活躍をされているようです。

ご結婚おめでとうございます。